ここから本文です

不妊治療 TOP > 不妊治療体験記 初期 > タイミング療法 直前

タイミング療法 直前の卵胞チェック│不妊治療体験記 初期編

今朝はエアコンなしで窓を開け、ノースリーブで寝たからか基礎体温がかなり低い。

でもやっぱりもう15日目なのに高温に向けて体温が上がらないのは 排卵が遅い証拠だろうか…。



卵胞はヨコ19mm・タテ18.3mmで、なかなか良い感じらしい。

今晩の遅めにタイミングを取って、明日の朝『性交検査(フーナーテスト)』を しましょうとのこと。

「それで結果がダメだったら、次のステップへ 進んだ方が良いかもしれないですね」と先生がおっしゃっていたので ダラダラと半年もタイミング療法で様子をみるわけではないようだ。

急いでいる私にとっては、このクリニックの治療方針と合っていて良かったと思う。



ちなみに、私の通っているクリニックでは毎回検尿をしない。 (検尿は妊娠判定日のみ)

せっかくシャワーで流してきているのに、 内診前には必ず尿を出しておかないといけない決まりがある。

きっと内診時に尿を我慢していると棒状のエコーが入りづらいからか そういう状態でエコー機器を入れると痛いからなのかな…。



◆◇ 不妊治療体験記 初期編 メニュー ◇◆

  1. 不妊治療 初診時の様子と費用

  2. 精液検査の方法と費用

  3. 精液検査の結果 運動率が低い

  4. 血液検査の結果 LHが高い

  5. 初めてのタイミング療法 排卵後

  6. 卵管造影検査 痛みなし

  7. クラミジア抗体検査 陽性

  8. タイミング療法 直前の卵胞チェック ← 現在このページを閲覧中です

  9. フーナーテストの結果 不良

  10. 子宮頸管粘液検査結果 良好

  11. 抗精子抗体の検査 結果と費用

無料レポート


不妊治療 Menu

Profile

【名前】
田頭 祐子
【出身地】
大阪府寝屋川市

心理カウンセラー。2011年12月プロスタイル心理分析講座を修了。恋愛や夫婦間の悩みをはじめ、家族のこと、仕事のことなど、あらゆるジャンルに対応しています。

›詳しくはこちら

話し相手サービス
▲ブログはこちら▲

ページトップへ