ここから本文です

不妊治療 TOP > 不妊治療体験記 初期 > 精液検査の結果

精液検査の結果 運動率が低い│不妊治療体験記 初期編

生理5日目の来院。初診時の先生とは違うようだ。待ち人数は10人ほど。

11時30分の予約で20~30分待ったのち診察。

今日初めて院長先生に会った。

しゃべり方もソフトで初診時の先生と同じく感じが良い。



子宮頸ガンの検査は異常なし。ただ、精子の運動率が悪いとのこと。

卵巣まで進入できる率が30%らしいので人工授精した方が良いかもしれないし、 どのくらい精子が進むか性交検査(フーナーテスト)をしましょう…とのこと。



その後、内診したが前回あった黒い影はなくなっていた。

先生も『腫瘍とかじゃないし、たまたまでしょう。問題ないですよ』と言ってくれた。

内診後、再度院長先生からのお話があり次回フーナーテストをする予定だが、 ちょうどお盆時期と重なるためお盆前に一度診察に来てくださいとのこと。 (排卵前の卵胞の大きさを見たいのだと思う)



採血検査することを来院してすぐ受付に伝えてなかったので、 検査をせずに会計から呼ばれた。 (途中で思い出したから受付へ伝えたのに意味がなかった)

その後少し待って採血。直径1.5センチ長さ10センチぐらいの注射器に 満タン採られる。痛くはなかった。



◆◇ 不妊治療体験記 初期編 メニュー ◇◆

  1. 不妊治療 初診時の様子と費用

  2. 精液検査の方法と費用

  3. 精液検査の結果 運動率が低い ← 現在このページを閲覧中です

  4. 血液検査の結果 LHが高い

  5. 初めてのタイミング療法 排卵後

  6. 卵管造影検査 痛みなし

  7. クラミジア抗体検査 陽性

  8. タイミング療法 直前の卵胞チェック

  9. フーナーテストの結果 不良

  10. 子宮頸管粘液検査結果 良好

  11. 抗精子抗体の検査 結果と費用

無料レポート


不妊治療 Menu

Profile

【名前】
田頭 祐子
【出身地】
大阪府寝屋川市

心理カウンセラー。2011年12月プロスタイル心理分析講座を修了。恋愛や夫婦間の悩みをはじめ、家族のこと、仕事のことなど、あらゆるジャンルに対応しています。

›詳しくはこちら

話し相手サービス
▲ブログはこちら▲

ページトップへ