ここから本文です

不妊治療 TOP > 不妊治療体験記 初期 > 精液検査の方法と費用

精液検査の方法と費用│不妊治療体験記 初期編

精子検査当日、初めてのことなので何だか朝からソワソワ。

バスの時間に合わせて(クリニックまでは片道自転車で10分、バスで30分ぐらい) 専用の容器に採取してもらう。



容器のコップとフタに私の名前、生年月日、禁欲期間、採取した時刻を書く。

精子は寒さにも暑さにも弱いらしいので すごく暑かったこの日は冷却バッグに入れていった。



精子検査だけなので予約なしで持参し 結果は後日診察した際でいいと言ったので 15分ほど待って精算。2100円。 (当日結果を聞きたいなら20分以上待つらしい)



◆◇ 不妊治療体験記 初期編 メニュー ◇◆

  1. 不妊治療 初診時の様子と費用

  2. 精液検査の方法と費用 ← 現在このページを閲覧中です

  3. 精液検査の結果 運動率が低い

  4. 血液検査の結果 LHが高い

  5. 初めてのタイミング療法 排卵後

  6. 卵管造影検査 痛みなし

  7. クラミジア抗体検査 陽性

  8. タイミング療法 直前の卵胞チェック

  9. フーナーテストの結果 不良

  10. 子宮頸管粘液検査結果 良好

  11. 抗精子抗体の検査 結果と費用

無料レポート


不妊治療 Menu

Profile

【名前】
田頭 祐子
【出身地】
大阪府寝屋川市

心理カウンセラー。2011年12月プロスタイル心理分析講座を修了。恋愛や夫婦間の悩みをはじめ、家族のこと、仕事のことなど、あらゆるジャンルに対応しています。

›詳しくはこちら

話し相手サービス
▲ブログはこちら▲

ページトップへ